ブログ

ツイッターの無料分析ツール アナリティクスを活用してみよう!

ツイッターのアナリティクス機能を知っていますか?

ツイートを頑張っているのに、フォロワーが増えない、反応が少ない、といった悩みがあるけど、解決方法がわからない

そんな方に向けて、無料分析ツールの「アナリティクス機能」を紹介していきます

無料といいますか、すでにツイッターの中に組み込まれている機能で、誰でも使うことができます

アナリティクスを活用して、反応の良いツイートができるようにしていきましょう!

ツイッターアナリティクスの使い方

PCからアナリティクスを確認する方法

①ツイッターアカウントにログイン

②ホーム画面右上の、アカウント名の横にある矢印を押す

③アナリティクスを選択すると、アナリティクス画面に移ります

アナリティクスのホーム画面では過去28日間のツイート数やインプレッションなどのパフォーマンスを確認することができます

用語の説明をすると、

 ツイート⇒ツイート数

 ツイートインプレッション⇒ツイートが見られた回数

 プロフィールへのアクセス⇒プロフィールへのアクセス数

 @ツイート⇒いわゆる、メンションつきのツイート

 フォロワー⇒フォロワー数

さらに下にスクロールすると、月ごとのパフォーマンスも確認できます

詳細な分析データを調べる

もっと詳細な分析データを知る方法があります

①アナリティクスのホーム画面最上にある、「ツイート」ボタンを押します

過去28日間のツイートのインプレッションやエンゲージメント、エンゲージメント率(エンゲージメント÷インプレッション)が表示されます

エンゲージメント⇒ツイートに反応した合計回数(ツイートのクリック、いいね、リツイート、返信、フォロー)

パフォーマンスを確認したい期間をカスタマイズしたいときは、「過去28日間」のボタンを押して、開始日と終了日を選択して「更新」ボタンを押せば完了です

分析したい期間を決めたら、

こちらのタグを押せば、表示される順番が整理されます

ツイート⇒最新のツイートから順に表示

トップツイート⇒ツイートをインプレッションの多い順に表示

タグをトップツイートにしておけば、どのツイートが反応が良かったのかを一目で確認できます

今後のツイートの参考になるはずです

分析データをファイルに保存したい

分析データは、CSVファイルとしてPCに保存することができます

分析したい期間を決めて、「データをエクスポート」ボタンを押すと、PC内にCSVファイルとして保存されます

CSVファイルをそのまま開いても、文字化けして読めない場合は、テキストエディタを使って文字変換をする必要があります

https://yoshiken51.net/entry/2019/06/20/154114

スマホからアナリティクスを確認する方法

残念ながら、ツイッターのアプリにはアナリティクスの機能がついていません

しかし、ChromeやSafariなどのwebブラウザからツイッターを起動すれば、PCと同じようにアナリティクス機能が使えます

これでスマホからもアナリティクス機能は使えるんですが、少し見づらいのが難点なので、PC上で見たほうがよさそうです

スマホでデータをエクスポートしてみると、なんと最初から文字化けせずにみることができました!(iPhone ⅩR)

ただ、新しいタブで開かれていて、ブラウザ上でしか見れないようで、保存の仕方はわかりませんでした、、、

 

以上、今回はツイッターの無料分析ツールのアナリティクス機能を紹介しました