転職

理学療法士の年収はいくら? 給料を増やすための方法を解説!

こんにちは。よしけんです。

理学療法士って、お給料やお金の話を避ける傾向にありませんか?

医療サービスを提供する立場にあり、学会発表や研修会参加など自己研鑽していく職業なので、お金の話を避けたり、タブーだったりします。以前の私の職場でもそうでした。

しかし、お給料や年収は今後の人生に大きく関わりますので、気になるところだと思います。

・自分の年収は平均と比べて高いのか?低いのか?

・理学療法士として給料を増やすには?

このあたりを解説していきます。

今後の将来が不安な理学療法士、転職を考えている理学療法士、これから理学療法士を目指そうとしている学生さんの参考になれば幸いです。

理学療法士の平均年収は?

国民の平均年収とほぼ同じ

理学療法士の平均年収は、約406万円という統計データ(平成29年賃金構造基本統計調査)があります。

日本国民の平均所得が427万円ですので、ほぼ同じと言えます。

世代別の平均年収

世代別の年収の平均をみていきます。

www.e-stat.go.jp

男性/女性

20〜24歳・・・318万円/309万円

25〜29歳・・・370万円/364万円

30〜34歳・・・402万円/377万円

35〜39歳・・・428万円/412万円

40〜44歳・・・471万円/439万円

45〜49歳・・・480万円/473万円

50〜54歳・・・560万円/526万円

55〜59歳・・・518万円/455万円

60〜64歳・・・474万円/データなし

65〜69歳・・・299万円/データなし

男性が女性よりも年収が高い傾向にあります。また、50代前半が年収のピークになります。

あなたの年収は、平均と比べてみてどうですか?

理学療法士として収入を増やす方法

理学療法士として収入を増やしていく方法を紹介していきます。

昇給、役職について給料を上げる

大半の理学療法士が病院などの医療施設で働いるので、一番イメージしやすい収入の増やし方ではないでしょうか。

年に1,000円〜5,000円程度の昇給が相場であり、医療施設の経営状況にも多少左右されますが、長年勤務すれば結構な額になると思います。

役職につけば、役職手当等もついてくるでしょう。

短期的に収入を増やすことは難しいですが、長期的なスパンで考えるなら、この形で収入を増やしていくことはありだと思います。

教員になる

養成校の教員は年収が600〜1000万円と言われており、医療施設での勤務と比べて年収は上がりやすい傾向にあります。

教員として働く場所は専門学校や大学があります。

教員の中には、週に何時間かは病院や施設に出向いて臨床業務を行う人も多くいますので、教員以外の副収入も見込めます。

訪問看護ステーションで働く

訪問看護ステーションは、比較的短期で収入を増やすことが可能な職場だと思います。

訪問看護ステーションで働くことでのメリットや、どんな訪問看護ステーションがオススメかという内容は以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

私も病院勤務から訪問看護ステーションに転職することで、年収は100万円ほど上がりました。

公務員として働く

公務員として働くことも収入を増やす選択肢としては有効だと思います。

例えば、

・国立や公立の病院

・自治体の役所

こういった場所が公務員として働く場所になります。

公務員で働くメリットとしては、退職金が高いことですね。

2,000万円程度が相場で、長年働けば3000万円以上の退職金をもらえる所もあるようです。

生涯の収入安定を考えるなら、公務員になることは誰しも考えることですよね。

手っ取り早く収入を増やすなら、転職

収入の増やし方について紹介していきましたが、一番早く収入を増やしたいなら、

今の給料より高い職場に転職することです。

私も転職することで年収はすぐに上がりましたので、転職はオススメです。

転職を考えだした時にまず最初に行うのが、転職支援・求人サイトへの登録です。

複数のサイトがありますので、安心できる大手のサイトを紹介していきます。

全て登録は無料ですので、ぜひ活用してみてください。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル は最大手の転職サイトです。

求人も多く、経験豊富なキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

対象地域は、

東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、岐阜、静岡、愛知、大阪、兵庫

です。

利用者数もNO.1のサイトですので、安心して利用できると思います。

メドフィット

メドフィットも大手の転職サイトです。

対応地域が全国にあり、求人も豊富です。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク は他のサイトと比べて非公開の求人が多く、学生でも登録できるサイトです。

ここ最近で登録者が増えているようです。

転職をするなら情報収集が最も大事な作業です。

紹介したサイトは求人情報が多く、アドバイザーがしっかりとサポートしてくれますので、安心して転職活動ができると思います。

理学療法士の皆さんの参考になれば幸いです。