国家試験対策

54回 共通 12 理学療法士国家試験 解答と解説

 

 

▶︎解答
1、3

 

▶︎解説

1. ベッド上での起き上がりは、非麻痺側方向へ起きるパターンが一般的。

2. 浴槽に入る際は、感覚低下による火傷などの事故を防ぐため、非麻痺側から入るのが一般的。

3. シャツを着るときは非麻痺側から先に袖を通すと後で麻痺側の袖を通す作業が難しくなるので、麻痺側から先に袖を通す。

4. 床から立ち上がる動作方法としては正しいが、問題文の「麻痺側下肢のBrunnstrom法ステージがⅢで、共同運動がわずかに認められる」

5. 階段を上る際は、非麻痺側(左下肢)を先に上段に乗せる。

 

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます