国家試験対策

54回 共通 2 理学療法士 国家試験 解答と解説

 

 

▶︎解答
3

▶︎解説
上の表から3項目の合計点を出し、下のグラフに当てはめるだけの問題です。
まず、①年齢、②発症に先立つ下痢の有無、③Guillain-Barré障害スコアの3項目の合計点を問題文から求めます。
年齢は32歳なので0点、下痢症状ありで1点、Guillain-Barré障害スコアは5点。
合計すると6点です。
次に下のグラフに移ります。
横軸が先ほど求めた合計点で、縦軸が歩行不可能となる確率です。
合計点が6点なので、6点からまっすぐ上に見ていき、線が交わるところをみると、60%のところで交わっています。
なので、解答は3になります。

▶︎Guillain-Barré症候群(GBS)について

免疫・炎症性ニューロパチーの代表的疾患。急性の末梢神経障害を主徴とする多発根ニューロパチーをきたす。

約70%に発熱、上気道感染、胃腸炎、下痢などの先行感染を認める。

感染後1〜3週で運動麻痺、感覚障害(軽度)、自律神経障害をきたす。

予後は基本的に良好だが、まれに重篤化して死亡原因となる。

 

参考図書

 

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます