国家試験対策

54回 共通 9 理学療法士国家試験 解答と解説

 

▶︎解答
4

 

▶︎解説

1.頚部までの水深の場合、約10%の体重負荷量となる。

2.乳頭までの水深の場合、約30%の体重負荷量となる。

3.乳頭までの水深の場合、約30%程度の体重負荷量となる。姿勢が変化していても水面下に存在する体積が変わらなければ、浮力は変わらない。

4.臍までの水深の場合、約50~60%の体重負荷量となる。

5.大腿部までの水深の場合、約90%の体重負荷量となる。

 

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます