国家試験対策

55回 共通 2 理学療法士国家試験 解答と解説

 

 

 

▶︎解答
4

 

▶︎解説

1、心房細動(AF)ではP波は消失し、代わりにノコギリ状のf波が出現。RR間隔は不規則になり、血栓が形成されやすくなるのが特徴。

2、洞性徐脈は洞結節からの興奮が緩徐となっている状態。

3、心室性期外収縮(VPC)は本来の洞結節からの興奮より早く、心室で興奮が開始する。P波を伴わない幅広く変形したQRS波が洞調律と関係ない部分でみられる。

4、心房性期外収縮(APC)とは、心房内のどこかに異所性興奮源があるため、本来の洞結節からの興奮より早く心房内で興奮が開始する。変形したP波の後に通常通りのQRS波が出るのが特徴。

5、房室ブロックは、心房刺激が心室に伝わりにくくなった状態で、障害の程度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類される。Ⅰ度房室ブロックはPR延長(0.2秒以上)を認め、P波やQRS波の数や波形は変わらない。

 

 

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます