国家試験対策

55回 共通 4 理学療法士国家試験 解答と解説

 

 

 

▶︎解答
1

 

▶︎解説

1、前鋸筋の段階3は、検査者による抵抗のない状態で上肢を挙上させ、重力に拮抗できる。

2、肩関節外旋筋群の段階4は、検査者の二本の指で前腕遠位部に抵抗をかける。

3、大胸筋の段階3は、肘関節90°屈曲位で測定する。

4、腕橈骨筋の段階4は、前腕回内回外中間位で測定する。図の検査は前腕回外位で、上腕二頭筋の測定方法。

5、腸腰筋の段階3は、上肢を座面について測定するが、図では過度に後方に位置している。

 

▶︎LINEオープンチャットで国家試験対策📕
PT国試対策ルーム

 

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます