国家試験対策

55回 専門 19 理学療法士国家試験 解答と解説

 

 

 

▶︎解答
3

 

▶︎解説

図から、鷲手変形を認めることと、右手首や右肘など多発褥瘡を認めていることから長時間上肢の圧迫が考えられ、尺骨神経麻痺を生じていることが読み取れます。

尺骨神経麻痺に適応となる上肢装具を選択します。

1、BFOはC4、5レベルの頸髄損傷に適応となります。

2、虫様筋カフは尺骨神経麻痺で生じる鷲手に適応となります。

3、短対立装具は正中神経麻痺で生じる猿手や、C7レベルの頸髄損傷に適応となります。

4、手関節駆動式把持装具は、C6レベルの頸髄損傷に適応となります。

5、コックアップ・スプリントは、橈骨神経麻痺で生じる下垂手に適応となります。

 

▶︎YouTubeでの解説はこちら

 

▶︎LINEオープンチャットで国家試験対策📕
PT国試対策ルーム

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます