国家試験対策

55回 専門 2 理学療法士国家試験 解答と解説

 

 

▶︎解答
4

 

▶︎解説

1、手屈曲(掌屈)は、基本軸が橈骨、移動軸が第2中手骨
注意点:前腕は中間位とする
図は基本軸、移動軸ともに間違いである。

2、手伸展(背屈)は、基本軸が橈骨、移動軸が第2中手骨
注意点:前腕は中間位とする
図は移動軸が母指となっているため間違いである。

3、手橈屈は、基本軸が前腕の中央線、移動軸が第3中手骨
注意点:前腕を回内位で行う。
図は移動軸が第2中手骨となっているため間違いである。

4、母指掌側外転は、基本軸が示指(橈骨の延長上) 、移動軸が母指
注意点:運動は手掌面に直角な面とする。原則として手指の背側に角度計を当てる。

5、母指橈側外転は、基本軸が示指(橈骨の延長上) 、移動軸が母指
注意点:運動は手掌面とする。原則として手指の背側に角度計を当てる。
図の基本軸が中指となっているため間違いである。

 

参考図書

↓YouTubeでの解説はこちら

▶︎LINEオープンチャットで国家試験対策📕
PT国試対策ルーム

↓下のタグで国家試験問題のカテゴリを検索できます