訪問看護

まだ病院で働いてるの? 

こんにちは。よしけんです。

今回は、ブログタイトルと同じく、

「まだ病院で働いてるの?」

というテーマでお話ししていきます。
YouTubeでも同様のタイトルでお話ししていますので、参考にどうぞ。

理学療法士の給料

全国の理学療法士の給料の平均は、月収33万円、年収400万円というデータがあります。

初任給でいうと、月収23万円、年収280万円と言われています。

年功序列で給料が上がっていきますので初任給が安いのは当然ですが、

平均で年収120万しか上がらないんですよね。

年収400万を高いとみるか安いとみるかは自由ですが、

私はかなり安いと思っています。

病院の診療報酬はどれくらい?

私が病院で働いていた経験を基に、どれぐらい売り上げていたかを計算してみます。

脳血管1単位=2450円

1日18単位、月22日勤務

として、全て掛け合わせると

月 97万円

年 1164万円

です。かなり売り上げているじゃん!と思いますよね?

月97万円売り上げているのに、支給は33万円です。

売り上げの3分の1しか病院からもらえていないのです。

これは1日18単位の場合の計算ですが、

私が働いていた病院では毎日20〜21単位が普通だったので、

21単位で計算してみると、

月 113万円

年 1358万円

こんなに売り上げていたのです。

売り上げの4分の1くらいしかもらえていなかったんです。

この状況に気づいた時は驚きましたね。

病院に搾り取られていたんですよ。

頑張って働いているのがアホらしくなってきます。

病院はそりゃ儲けますよね。

営利法人の訪問看護がオススメ

頑張って働いているのに、いつまでも病院に搾り取られるわけにいかないですよね?

転職を考えた時に、オススメの転職先はというと、訪問看護ステーションです。

訪問リハビリテーションではなく、訪問看護ステーションからのリハビリです。

その中でも、医療法人内の訪問看護ステーションではなく、

営利法人の訪問看護ステーションがオススメです。

医療法人に属している訪問看護ステーションになると、上に書いたように、売り上げが病院に搾り取られます。

残念ながら、「訪問看護ステーションで働く理学療法士の平均年収」

という明らかなデータは見つからずなので、あくまで感覚的なものになりますが、

営利法人の訪問看護ステーションは、業績連動型の昇給や賞与を設定している場合がありますので、

そういった職場では頑張って売り上げを伸ばせば給料も上がる!という仕組みです。

こっちの方が病院で働くよりも魅力的だと思います。

小規模〜中規模の訪問看護ステーションを狙う

全国に訪問看護テーションは約9000ヶ所あり、

そのうち50%(4500ヶ所)は営利法人、

35%(3500ヶ所)は医療法人が運営しています。

営利法人の中でも、小規模〜中規模のステーションがオススメです。

規模の定義ははっきり決まっていませんが、下の図を参考に、

f:id:yoshikenblog:20190115164221j:plain

小規模というのはスタッフが5人未満、

中規模はスタッフが5名〜10名未満、

大規模は10名以上という分類に入ってきます。

大規模なステーションになると、病院と同じように大きな組織として運営していく必要があるので、

賃金テーブルが決められており、頑張って働いても年功序列で給料が上がりにくい面というデメリットが大きくなります。

なので、スタッフ人数が10名以下の

小規模、中規模のステーションが狙い目でしょう。

まとめ

病院で働いている限り、昇給はなかなか見込めません。

なので、小規模〜中規模の営利法人が運営している訪問看護ステーションで働くことが給料がアップの近道になるかもしれません。

以上、今回は「まだ病院で働いてるの?」というテーマでお話ししました。