訪問看護

一流の訪問看護セラピストになる方法!

こんにちは。よしけんです。

私は現在、訪問看護ステーションで理学療法士として働いていまして、

たまに、ふと考えることがあります。

それは、

一流のセラピストとはなんだ??

ということです。

どの分野でも一流の人っていますよね?

野球ならイチロー

サッカーならメッシやクリスティアーノ・ロナウド

といった感じ。

自分が携わっている分野で、一流を知らない人は少ないと思います。

しかし、私は3年ほど訪問看護に携わっていますが、「一流」と呼べる人をあまり知りません。(たぶんいっぱいいるけど知らないだけ)

私が思う、

一流のセラピストとは?

一流になるにはどうすればいいか?

それぞれ整理しながら解説していきます。

一流とは?

意味

Google先生に聞いてみました。

【その世界で第1等の地位を占めているもの】とあります。

つまり、最高級とか最高レベルということですね。

一流の訪問看護ステーションとは?

拠点の数が多い

これは定義が難しいですが、以下が私の思う一流の訪問看護ステーションです。

①訪問件数が多い

②利益が出ている

③拠点がたくさんある

特に③ですかね。

拠点がたくさんあるということは経営も安定しているでしょうし、さらに拡大していく可能性も十分あります。

拠点の数が多いほど一流に近いと言えるでしょう。

拠点の多い訪問看護ステーションはどこ?

拠点が多く、全国展開もしている訪問看護ステーションを以下に紹介しています。

これらの訪問看護ステーションが一流と呼べそうですね。

セコム

セコム 訪問看護ステーションは、日本の訪問看護事業のパイオニア的な存在ですね。

全国展開もしている大手です。

ガイア

ガイア リハビリ訪問看護ステーションは、東京と神奈川を中心に拠点が数多くあるステーションです。

セントケア

セントケアも全国展開している老舗の有名グループです。

Nフィールド

Nフィールドは精神訪問看護に特化したステーションで、こちらも全国展開しています。

一流のセラピストとは?

次に、訪問看護における一流のセラピストについて考えていきます。

以前までの私の考えだと、

論文執筆

研究活動

学会発表

これらを頑張ってるセラピストが一流だと思っていました。

間違いではないと思いますが、

訪問看護ステーションに限定していえば、一流の要素が異なると考えています。

訪問看護における一流のセラピストについては、あとで述べていきます。

また、上記の大手訪問看護ステーションで働くセラピストは一流だとも言い切れません。優秀なセラピストは多いかもしれないですが。

業務を完璧にこなすのが一流セラピスト?

訪問看護におけるセラピストの業務の一覧です。

訪問

書類作成

管理業務

契約

営業

レセプト業務

大体こんなところでしょう。

これらの業務をミスなく完璧にこなしても、一流とは呼べないでしょう。

では何が一流かというと、

自分しかできない業務をなくすこと

だと思っています。

正確にいうと、他のスタッフでもできるようにすることです。

自分しかできない業務をなくす

例えば、痛みを緩和するのが得意なセラピスト(Aさん)がいたとします。

Aさんが訪問すれば、利用者さんの痛みは楽になります。

利用者さんにとってはAさんに来てほしいと思うようになり、

他のスタッフが訪問できなくなります。

Aさんしか訪問できないような状況は、事業所側からするとかなり厳しいんです。

なぜかというと、Aさんの休みが取りづらくなったり、仮にAさんが休んでしまうと、訪問がキャンセルになる確率が高いからです。

キャンセルになると、当然売り上げも下がってしまいます。

自分しかできない業務を作ると、こういったデメリットが生じます。

なので、自分以外のスタッフでも業務ができるような、調整能力をもつセラピストが一流と言えると思います。