リハビリ

理学療法士を「先生」と呼んでいいのは誰か?

こんにちは。よしけん(@yoshiken_PT)です。

今回は、理学療法士のことを「先生」と呼んでいいのは誰か?

というテーマでお話していきます。

結論から言うと、

呼ぶ側が先生と思っているのなら、誰でもいい

です。

呼ぶ側の意思が大切

具体例を私の経験談から紹介していきます。

私が実習中の時、実習先の理学療法士の先生達が、お互いを「〇〇先生」と呼び合っていました。

そこまでは特に違和感を感じなかったんですが、

業務終了後や飲み会の時などに、

「〇〇先生の□□がダメなんだよね」

とか、

「△△先生ムカつく」

といった、愚痴や批判を聞いた際にすごく違和感を覚えました。

「先生」と呼んでいるわりに、全然「先生」と思っていないじゃん。と。

自分の中で「先生」とは、指導をしてくれたり、尊敬できるような存在をイメージしていたので、

理学療法士同士が「先生」と呼び合うことに気持ち悪さを感じていました。

理学療法士は「先生」なのか?

そもそも、理学療法士の事を「先生」と呼ぶのは日本語的に正しいのか?

ウィキペディアを引用し紹介します。

先生(せんせい)とは、日本語の敬称の一つである。

使用例:

  • 教育機関、あるいは塾において、学問を教える者のこと。教員の呼び方である。
  • 弁護士に対する敬称。
  • 医師に対する敬称。患者や看護師が使用する。
  • 士業に就く者に対する敬称。
  • 政治家に対する敬称。主に秘書などの関係者や、政治家自身が目上の政治家に対して使用する。
  • 自営業・企業経営者、あるいは私的に結ばれた師弟関係の中で、師匠に当たる人物を敬称することもある。
  • 漫画家や小説家に対して、アシスタントや編集者が使用する敬称。転じて読者が使用することもある。
  • 料理研究家に対する敬称。
  • スポーツクラブのインストラクターに対する敬称。

なるほど。

挙げた例のうち、理学療法士が当てはまるものをさらに具体的に挙げていきます。

患者さんが呼ぶ場合

  • スポーツクラブのインストラクターに対する敬称

病院だと患者さんに運動を指導する立場上、患者さんから「先生」と呼ばれるのは違和感ありません。

しかし、理学療法士の中には、

「先生と呼ばなくていいですよ。」

と患者さんに伝える人もいますが、そこは患者さんの自由です。

患者さんが理学療法士のことを「先生」と思っているのなら、「先生」と呼んでも何も問題ありません。

実習生が呼ぶ場合

  • 教育機関、あるいは塾において、学問を教える者のこと。教員の呼び方

実習生にとって理学療法士は、スーパーバイザーとも呼ばれ、指導者や教育者という立ち位置になります。

なので、実習生が「先生」と呼ぶのは自然なことです。

理学療法士が呼ぶ場合

  • 自営業・企業経営者、あるいは私的に結ばれた師弟関係の中で、師匠に当たる人物を敬称することもある。

理学療法士同士の場合で考えられるのがこのパターンです。

勉強会や講習などで講師と師弟関係にある場合は「先生」と呼んでもいいと思いますが、

職場内で師弟関係となる同僚ってあまりいないですよね。

先輩後輩の関係はもちろんあるでしょうが、「さん」付けで十分だと思います。

先輩は「先生」というより、「上司」ですからね。

私の職場でも憧れる先輩はいましたが、「先生」と思ったことは一度もないです。

「先生」と思っていないのに、「先生」と呼ぶのは、変なプライドがあるからでしょうか?

先輩のことを、はっきり「先生」と思っているのなら、「先生」と呼んでも問題ないと思います。

まとめ

患者さん、実習生、理学療法士の3パターンに分けて紹介していきました。

患者さんや実習生が「先生」と呼ぶのは問題ありません。

一番不自然なのが、理学療法士同士で「先生」と呼び合うことです。

気持ちのこもっていない「先生」はあまりよく思われません。

意思をはっきり持って「先生」を使い分けてみてください。