副業

理学療法士の収入を上げたいなら、副業と転職を組み合わせよう

こんにちは。よしけん(@yoshiken_PT)です。

今年は働き方改革が叫ばれ、副業解禁の流れも加速してきています。

副業をする目的は、ほとんどの人が

収入を上げたい!

のはずです。

ただ、ここで思うのが

「副業をするよりも、転職した方が収入は上がるんじゃない?」

という疑問。

副業と転職。どちらも収入を上げる方法としては適切です。

どちらが良い悪いという話ではなく、

両方を組み合わせることで

今よりも収入を増やせる、ということです

なので、今回は副業と転職を組み合わせるというテーマで書いていきます。

副業は収入源を分散 転職はベースアップ

副業と転職、どちらも収入アップを狙う手段としては効果的ですが、

収入を増やす経路が違います。

副業は、本業とは別の収入源を作る。

転職は、本業自体の収入が上がることです。

理想的なのは、この2つを組み合わせて、

本業自体の収入を上げ、収入源を分散させることです。

これらの必要性について以下に書いていきます。

副業を通して、自分で稼ぐ力を身につける

今年は多くの大手企業が早期退職を促したり、

終身雇用の危機に関するニュースがよく目につきました。

「大手企業に就職すれば安心」

という安全神話は、終わりを迎えているのです。

クビになった

会社が倒産した

こういった状況に急にさらされた時、困るのは自分です。

いくら本業の収入が高くても、

仕事がなくなると、路頭に迷ってしまいます。

収入源が一つに偏るというのは、こういったリスクがあります。

この時、副業で少しでも収入があると、リスクは減ります。

もし本業がダメになっても、副業をしていることで

自分で稼ぐ力を身につけておけば、

路頭に迷うことはなくなるでしょう。

副業には、そういった安心感を与える作用もあります。

副業の始め方については別記事にも書いてあります。

手っ取り早く収入を上げるには、転職

今の職場で収入を上げるのは可能だとは思いますが、

昇給や昇進は1年に1回のことがほとんどで、時間がかかりすぎます。

また、給料は上がっても微々たるものだったりします。

役職等につけば手当などもつきますが、

役職になれるかどうかもわからない状況で働き続けるのは

精神的にきついものです。

昇給や昇進を待っているうちに、あっという間に時間が過ぎるので、

待つことに時間を使うくらいなら、転職活動をして今よりも給料の高い職場に転職する方が確実に良いです。

副業と組み合わせることも考えると、

転職先は副業OKかどうかの確認も必要になります。(副業を禁止している職場はオススメしません)

転職活動は転職サイトを活用する

転職サイトを利用すれば、転職活動もスムーズに進めやすいです。