働き方

理学療法士の転職サイトは利用するべき?メリットとデメリットを紹介

こんにちは。よしけん(@yoshiken_PT)です。

理学療法士が転職活動をするときに考えるのが、

転職サイトを利用するべきかどうか?

です。

結論から言うと、

利用するべきです。

その理由を、メリットとデメリットを挙げながら説明していきます

最大のメリットは完全無料で、自分の代わりに転職活動をしてくれる

転職サイトを利用する最大のメリットは、

・登録も利用も完全に無料

・自分の代わりに転職活動をしてくれる

この2つです。

まず、どの転職サイトも同じですが、

登録や利用にかかる費用は一切かかりません。

これだけでもかなり安心です。

転職サイトは転職先の病院などから紹介料をもらっているので、

利用する側に請求することはありません。

 

次に、自分の代わりに転職活動をしてくれる、についてですが、

転職サイトを利用することで、

転職活動にかかる時間と労力が大幅に省けます。

それほど、転職活動は大変なのです。

転職までの流れを挙げると

・求人情報を探す

・候補の職場を調べて、電話や見学のアポを取る

・見学に行く

・就職希望なら、面接を受ける

大体がこの流れになります。

自分一人でこれら全てをこなすのは大変です。

仕事終わりの時間や大事な休日の時間を使って作業することになります。

特に時間がかかるのが、求人情報を探すことです。

この作業を、転職サイトの担当者が代わりに行ってくれます。

以上に挙げた2つだけでもかなりメリットがありますが、

あといくつかメリットがあるので紹介しておきます。

転職時の失敗を避けられる

ハローワークなどの求人サイトに載っている募集内容でも

ある程度の情報は手に入ります。

例えば、賃金や休日数、仕事内容など。

こういった情報は誰でもみれる、いわば表面的なものです。

この情報だけで応募するには、リスクが高いと思いませんか?

就職した後に

実際に働いていたら想像と違っていた

職場内の環境が良くない

人間関係が悪そう

など、就職してみないと気づかないこともあります。

気づいたとしても、就職したばかりなので辞めるに辞められない。

こうはなりたくないものです。

転職サイトを利用することで、こういった失敗が避けられます

非公開の求人情報を持っている

転職サイトは独自で入手している求人案件があります。

こういった案件は、一般の求人サイトには出回っておらず、

転職サイトに登録することで紹介される案件です。

転職サイト経由の非公開案件をゲットできれば、

給料アップも期待できます。

求人が出たタイミングで教えてくれ、交渉もしてくれる

希望の条件に合う求人が出た場合、すぐに担当者から連絡がきます。

また、悩むことの多い賃金面において、

希望すれば担当者が求人先に交渉してくれます。

賃金面は自分では直接交渉しにくいところなので、

担当者が代わりに交渉してくれるのはありがたいです。

デメリットは頻繁に連絡がくること、でも気にならないほど

デメリットをいくつか挙げると、

・担当者から頻繁にメールがくる

・担当者の良し悪しがある

・1つの転職サイトのみだと、情報が十分に得られない

です。

1つずつみていきます。

担当者から頻繁に連絡がくる

1つ目の担当者からの頻繁な連絡はきますが、

相手も案件を紹介することが仕事なので、

割り切ってしょうがないと思うようにしましょう。

就職が決まり、連絡が必要なくなった場合は、

正直に断れば、連絡は来なくなります。

担当者の良し悪しがある

担当者の良し悪しに関しては、

担当者も人間なので、相性が合わないこともあるでしょう。

そんな時も正直にお伝えし、担当を変えてもらう方が良いです。

1つの転職サイトのみだと、情報が十分に得られない

転職サイトが持っている案件というのはそれぞれ違いますので、

1つの転職サイトのみに登録するよりも、

複数のサイトに登録することで、好条件の案件に出会える確率も上がります。

ただし、複数サイト登録することで、

担当者からの連絡も増えるという面倒さも増えますので、ご注意を。

理学療法士が登録しておくべき転職サイト

理学療法士が登録しておくべき転職サイトを以下の記事で紹介していますので、転職を考えている人はぜひ。